【建設サポ−トどっとこむ。】建設業許可の取得を目指す皆様へ!建設業許可についてのご相談から申請の代行まで、行政書士廣瀬事務所が応援します!
建設業許可申請の応援サイト【建設サポートどっとこむ。】

  建設業許可

 9.誠実性

  誠実性とは

   建設業の許可を受けるに当たっての条件のひとつに、「誠実性」があります。
  建設業における誠実性とは、請負契約に関して誠実性があることをいいます。
  建設業者が請負契約に関して誠実性があるとはどのようなことを指すのでしょうか。



  請負契約に関して誠実性があること

   
請負契約に関して誠実性があるとは、許可を受けようとする者が法人である場合はその
  法人及び役員、個人事業主、令3条の使用人が、請負契約に関し不正な行為又は不誠実
  な行為をするおそれがないことをいいます(建設業法第7条第3号、第15条第1号)。
  不正な行為・不誠実な行為とは、具体的には以下のような場合を指します。


 不正な行為  請負契約の締結または履行に際して詐欺・脅迫・
 横領等法律に違反する行為
 不誠実な行為  工事内容・工期等について請負契約に違反する
 行為






建設業許可の申請は行政書士廣瀬事務所へ




























次のページ 10.財産的基礎


HOME サイトマップ リンク 個人情報の取り扱いについて 特定商取引法の表示
Copyright(C)2008 Hirose office All Right Reserved